top of page
  • 集合時間は?
    AMコースは、8:50までにアンリーシュベースへお越しください。 PMコースは、13:00となっております。 土日祝日や、連休中に参加される場合、渋滞状況を考慮し、先を見通してご出発ください。 ※大幅な到着時間の遅れが生じた場合、当日キャンセル扱いとなります。ご了承ください。
  • 持っていくものは?
    水着、ショートパンツ、タオル、足に固定できるサンダルまたは濡れても良い靴、日焼け止めをご持参ください。​貴重品は車の中に保管してください。 ラフティングを終えた後、濡れた水着や靴を入れるビニール袋をご持参ください。そして、勇気と元気を胸にご集合ください!
  • 雨が降っていても大丈夫?
    ある程度の雨量でしたら問題なくラフティングを楽しめます! ハイウォーターの運行日はさらに激しいラフティングになることでしょう! 晴れをご希望の場合、6日前までにキャンセル又は日程変更をお勧めします。 豪雨や台風、断続的な雨の影響で当日の運行が難しい場合は前日までに皆様へ中止のご連絡をしております。予測不能なゲリラ豪雨等発生した際は当日の中止判断も考えられます。
  • 履物は何がいい?
    使い古したシューズや、かかとの固定できるサンダルなど、泳いでも脱げないものでしたら大丈夫です。ビーチサンダルやヒール、スパイクシューズはNGです。 安全性を重視するなら、全体を守れる「靴」が一番です。
  • 映像データの受け渡しはどのように行われますか?
    基本的にiPhoneエアドロップ機能を使用し、ツアー終了直後にお渡ししています。その他にもGoogleデータ共有にて誰でもアクセスできます。 店頭でSDカードも販売しております。iPhoneデータ容量不足や、その他のキャリアをご使用の方はご利用ください。
  • あらかじめ、服の下に水着を着用してきた方がいいですか?
    アンリーシュは、できるだけ遊ぶ時間を増やすために、事前に着替えて来てもらうスタイルをとっています!! 受付が済んだら、速攻で川に行きましょう!!
  • 初めての参加ですが、大丈夫?
    答えはYES!! 初めて参加の方がほとんどです! アンリーシュでは、トレーニングを積んだ、腕利きのガイドが皆さんを案内してくれますので、力の弱い女性の方や、お子さんでも安心して臨むことができます!
  • 泳げないのですが、参加できますか?
    安心してください! 皆さんには非常に高浮力のライフジャケットを着用してもらいますので、川に落ちてもすぐ浮きます。落ちた場合は、まず落ち着いて、ガイドの指示に従ってください!
  • ボートは何人乗りですか?
    ボートは基本的にガイド1名、お客様7名の計8人乗りです。参加人数や、予約状況により、同乗してもらう場合がありますので、ご了承ください。相席した方が楽しいかも!? もし気になる場合は「貸し切りボート」でのご予約をお願いします。※別途料金がかかります。
  • 水着の上に服を着て行ってもいいですか?
    ラフティングには、なるべく速乾性の高い化学繊維素材のTシャツやラッシュガードなどをお勧めしております。綿などの素材ですと、乾きにくく、常に濡れている状態となり、体温を奪われてしまうからです。
  • 水着が無い場合はどうすればいいですか?
    濡れてもいい下着でも大丈夫です。その上に、当社のウエットスーツ(無料)を着用してご参加ください。 水着を持っている方は、なるべく水着でご参加ください。
  • カメラなどをラフティングに持って行っていいですか?
    あまりおススメはしません。ウォータースポーツですので、水没やロストする場合が結構あります。それでも持っていきたい方は自己責任でお願いします。いかなる理由であれ、当社は一切の責任を負いません。
  • 装飾品は付けていてもいいですか?
    指輪、ピアス、ネックレス、時計など、身に着けるものは全て外してご参加ください。紛失や、ケガの原因にもつながります。付けて行く場合は自己責任でお願いします。
  • 球磨川、川辺川、どう違うの?
    球磨川は日本三大急流の一つで、球磨川水景の本流であり、人吉球磨にあるすべての支流の合流地点です。年間通して水量に恵まれており、激流ポイントと、瀞場(流れが緩い場所)を定期的に通過することができ、水深が深いため、ロックジャンプポイントも沢山あります。 川辺川は、水質日本一にふさわしい透明度を誇る清流で、雨により増水しないと下れない川です。増水すると、あっという間にラフティング好みの川に大変身。球磨川よりグンとレベルがアップします。川辺川でラフティングをするカンパニーは数少なく、アンリーシュは、ハイウォータの時期に必ず川辺川に出撃します!アンリーシュ リバーガイドの得意とする川です!
bottom of page